暇を充実させ隊!

TwitterやInstagramで話題になったコト・モノ集めています。

北朝鮮60日間の沈黙。次のXデーはいつ!?12月17日が危ない!?「アメリカを核攻撃する準備が完了」亡命の北朝鮮兵士の現在!

北朝鮮のミサイル発射が止まってから、もうすでに60日。

沈黙状態が続いていて、引き皆世の中。

最後の発射は9月15日でしたよね。

中距離弾道ミサイル「火星12」型が日本の北海道上空を越え、太平洋に着弾したことで大騒ぎとなりました。

金正恩党委員長は一体何を考えているのでしょうか。

嵐の前の静けさか・・・!?

次のミサイルが12月17日の訳は!?


目次

なぜ12月17日!?

北朝鮮の不気味な沈黙が続いていますが、金正恩氏は一体何を企んでいるのでしょうか!?

計画が恐ろしく、奇妙だと世界中で話題になっています。

次のミサイルが打たれるとしたら!?という話題で討論されると、

みなさん口を揃えて「12月17日が濃厚なのでは!?」と言います。

じゃあ、12月17日は何の日!?ということですが、

12月17日は金正恩氏の父である金正日総書記が死亡した日、つまり命日だったのですね。

それはそれはその日が濃厚というわけに納得がいきますね。

f:id:mtrue:20171114130855p:plain

父の願いを息子が叶える・・・といった心境なのでしょうか。

毎年この日が濃厚とされてきましたが、今回は日本を含め、アメリカともバチバチのにらみ合いが続いている異例の年ですからね・・・

やはりこれも一つのミサイル発射の可能性がある日実ではないでしょうか!?




先日の亡命事件についても

ちょっとミサイルとは脱線しますが、

先日朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で13日に韓国側へ越境・ 亡命しようとした北朝鮮げ兵士が、

北朝鮮側から銃撃を受けて危篤状態にあるとのことです。

兵士は銃撃で肘と肩を負傷しているのだそうです。

また、銃撃を受けたということで、臓器も損傷しているみたいですね・・・。

すぐに搬送されたようですが、韓国の病院の集中治療室(ICU)で生命維持装置を付けた状態なのだそうです。

生命維持装置ということはこの機会がなければ生きてはいられないという状態を示します。

つまり危篤ということでしょう。






北朝鮮兵士の行動に不信感も

在韓国連軍司令部の情報によると、この兵士は軍事境界線近くまで車両で来ていたそうです。

その後、下車して銃撃を受けることに・・・。

軍事境界線を越え南側に逃走中に別の銃撃を続けて受けたのだそうです。

亡命を阻止しようとしてとはいえ、銃を簡単に使ってしまう国・・・恐ろしいですね。

武器があれば何でもできる。悲しい世の中ですね。

軍用車は哨戒所近くの用水路に脱輪し、兵士は車を 降りて哨戒所に移動したと言われています。

人の命を何だと思っているのでしょうか。





北朝鮮アメリカを核攻撃する!

北朝鮮がプーチン大統領に対して「アメリカを核攻撃する用意が整った」と伝えていたことが、

ロシアの国営メディアが報じたことで発覚!!!!!

国営ロシア通信の情報だと、

先月、北朝鮮の代表団がマトビエンコ上院議長と会談した際、

「アメリカを核攻撃する用意が整った」とするプーチン大統領に宛てた書簡を手渡したとのことでした。

この手紙はプーチン大統領にも届けられたほか、内容などもアメリカ側に伝えたのだそうです。

北朝鮮を批判しているからこそアメリカにも伝えている=やっぱり北朝鮮のやり方は世界中が批判しているということでしょうね。

金正恩はいつになったら気がつくのでしょうか。

今回のこの報道に対して、

ロシア大統領府は「何も把握していない」とコメントしているそうですが・・・これはどういうこと!?

プーチン大統領は11日に訪問先のベトナムで、アメリカのトランプ大統領と話していましたが、

北朝鮮を巡る問題は議論されなかったのだそうですね。






まとめ

今後年末年始にかけて、何がどうなっていくのでしょうか。

果たして平和は戻ってくるのでしょうか。

今こうやって過ごしている中でも脅かされているこの状況がとても嫌です。

アメリカも最上級の圧力をかけていますが、

北朝鮮は未だに沈黙・・・

この状況が恐ろしい。

本当にミサイルを超えた核兵器が使用される計画があるのでは・・・と思うと眠れませんね。

どちらが先に仕掛けるのか・・・と心配するのではなく、話し合いをしてほしいですね。

金正恩も頑固なのでそれに応じるかはわかりませんが。

何か怪しい今日この頃です・・・。



www.narutomaki.net
www.narutomaki.net
www.narutomaki.net
www.narutomaki.net
www.narutomaki.net

スポンサーリンク