暇を充実させ隊!

TwitterやInstagramで話題になったコト・モノ集めています。

2017隅田川花火大会、場所取りのコツと穴場をチェックしておこう!

隅田川花火大会

江戸時代中期に始まった、「両国川開き花火大会」の伝統を受け継ぐ由緒ある花火大会!

この盛大な花火大会が、今年40周年を迎えるとのことです!!!

私の場合、子供達が小さいので毎年なかなか足を運ぶことができなくて・・・

いつもテレビ越しに「いいな〜綺麗だね〜」って騒いだるだけ(笑)

今年は娘たちももう6歳と5歳になったので、出かけてみようかな〜と思いつつ、いろんな情報を集めていました。

私が見つけた穴場・場所取りのコツをまとめながら紹介しますね!

(皆さんだけでなく、私も気合が入っているんです笑)

まず日時と場所ですが・・・♪

日程・2017年7月29日(土)

時間・19:05〜20:30

場所

「第一会場」桜橋下流~言問橋上流」

「第二会場」駒形橋下流~厩橋上流

打ち上げ数・22000発

※小雨であれば結構するそうですが、悪天候の場合は翌日の30日(日)に変更に。日曜日も悪天候の場合は、残念ながら中止になるそうです。

 

詳しい交通アクセスは?

まず、駐車場はないのでご注意を!

公共の駐車場を使う場合でも、大混雑が予想されるのでオススメはしません。

主に車移動の我が家も、この日ばかりは電車を使おうかと・・・まだ行ったことがないので検討中であります。

ということで、以下の会場への行き方をご紹介しますね。

第一会場へは」 ・東京メトロ浅草線、浅草駅から徒歩10分 ・東武スカイツリーライン、浅草駅から徒歩10分 「第二会場へは」 ・都営地下鉄、蔵前駅から徒歩5分 ・東京メトロ、浅草駅から徒歩8分 ・JR浅草橋駅から徒歩12分

お待たせしました!穴場をご紹介♪

隅田公園】大迫力の花火越しにスカイツリーも同時に見ることができます。

言門橋】至近距離での花火が見られますが、こちらは立ち止まり禁止場所なのでご注意を! 【清澄通り】高いビルが少ないので、第二打ち上げ会場の花火を至近距離で見ることができます。

【駒形どぜう本店前】建物の目の前の上空に花火を見ることができます。

【浅草寺】境内周辺がオススメだそうです。

【水戸街道】夕方以降に歩行者天国になるそうで、お子さんのいる家族でお出かけの方には、車を気にせず便利!

【山谷堀公園】スカイツリーも見えるスポット。公園なので蚊が心配?!ですが、穴場だそう。

【白髭橋】打ち上げ会場からは少し距離があるそうなのですが、それが逆に穴場となっているそう。花火身綺麗に見ることができるため、穴場中の穴場かも。※ウチは今年、ここを狙っています(笑)

【大横川親水公園】第二会場からの花火が観覧可能!綺麗に見えますが、第二会場から1キロほど離れているので、こちらも穴場中の穴場と言えますね。

 

どこにしろ、隅田川の花火が見える場所はどこも混み合うことが予想されます。

県外からも、この花火を見るために上京する方もいるそうなので・・・。

これは、腹をくくって行くしかないのです(笑)!

そこで、場所取りのコツを調べて見ました!

 

場所取りのコツは?

単純明快に言うと、

・上記のような、穴場スポットの場所取りは遅くても夕方5時前に!

・第一会場や第二会場など、人気のスポットは朝から!

これがポイントだそうです。

私たちは穴場を狙うため、夕方4時にはシートを持って場所取りに行こうと考えています!

シートを広げて、夕食を買いに行き、シートに戻って食べようかなって(笑)

持って行ったほうがいいと思うものをあげてみました。

・レジャーシート(場所によっては敷けないところもあるので注意!でも一応持参)

・飲み物(お茶・スポドリなど)

・虫除け(穴場は公園などが多いため、蚊がたくSな似る可能性が・・・)

・タオル(相当暑いみたいです。人・人・人!だそうです・・・)

・食べ物(小さい子供がいるところは特に)

この5点は必需品だと考えました!

あとは、花火が始まるまでに時間つぶしができるようなものとか、お子さんがいらっしゃる方はお昼寝してもいいように座布団のようなものを持参してもいいかもしれませんね^^

 

まとめ

念のため、隅田川花火大会の公式サイトを載せておきますね。 コチラから★

今年もみなさん、家族や恋人と大夜空の花火を見上げて思いっきり夏を楽しみましょう!

苦労して場所取りしたことも、これもまた夏の思い出となることでしょう!

なんせ記念すべき40周年と言うことで、両会場とも例年より1000発花火を増やしているとのことです!

22000発の盛大な花火大会、楽しみですね♪♪♪