暇を充実させ隊!

TwitterやInstagramで話題になったコト・モノ集めています。

深川市郊外の納内診療所、元院長カルテを持ち出し逃亡!市との対立後に・・・

病院詳細

北海道にあるこちらの院。

深川市郊外の市立納内(おさむない)診療所です。

この院である深刻な問題が起こっています。

スポンサードリンク

 

一体何があったのでしょう?

6月から休診となっているこの納内診療所。

3月あたりに、市と前院長が対立していたそうなんです。

その内容とは、運営経費を巡って・・・とのこと。

お金の問題なのですね。乙・・・

市の退去要請を受けた前院長が6月19日に診療所を引き払ったそうです。

現在は休診が続いているのです。

市に腹を立ててしまったのでしょう。

にしても、当たるところ違うでしょ!って話なんですよね、そもそも。

 

いつからの出来事?

この事件が公開されたのは昨日7月6日のことでした。

タイルつは3月から続いていたそうなのですが、いつから持ち出され、いつ発見されたのかは今の所不明です。

今はとにかく、患者のカルテが紛失していると同時に元院長の姿もない、行方もわからない、という状況なのでしょうか。

患者を犠牲に・・・などとはあってはならないこと。

約5千人の患者さんを抱えていたそうですから、この情報がどうかなったとなると、相当罪は重いですよ・・・

被害者たちも、この裏切りには、腹立たしいでしょうね。

 

それに対して市の対応は?

もちろん、元院長を全力で探していることでしょう。

患者さん5千人の個人情報が持ち逃げされたのですから、市も黙ってはいないでしょう。

今現在、第三者への流出は認められていないとのこですが、安心はできたもんじゃないですよね。

対立後に、市は元院長へカルテの回収を求めたそうですが、その前に姿をくらましてしまったようです。

何を企んでいるのでしょうね。

いくら待っても返答がないため、後日市が診療所とを調べたところ、カルテはもぬけの殻だったそう。

お金の問題で揉めた後の持ち逃げ・・・個人情報を売られ、お金にされてもおかしくない状況なのです。

 

目撃情報求む・まとめ

患者数約5千人ですからね・・・元院長を知っている人も少なくはないはず。

市は元院長が見つかるまで、目撃情報を求めるほか、身元を追う体制をとってほしいですね。

莫大な個人情報の流出だけは避けたいものです。

元院長は経営が難しくなりお金にも困っていることでしょうから、どんな手段に出てくるかわかりません。

ただでさえ逃げているのですからね。

患者さんの悔しい気持ちを無駄にはしなくありませんよね。

一刻も早く捕まってほしいです。

そして情報流出していないことを願うばかりです。