暇を充実させ隊!

TwitterやInstagramで話題になったコト・モノ集めています。

スマートタウンとは

町全体が省エネの最新型!

神奈川県藤沢市で開発中の環境に配慮した次世代型都市「スマートタウン」。

ここに立てられた住宅には全て、太陽光発電設備蓄電池を備え付けている。


また、住民には電気自動車電動アシスト自転車を共同で使えるサービスを提供するという。


すばらしい!


また、スマートタウンには・・・





工場跡地の19ヘクタールに、総事業費約600億円をかけて、戸建て住宅約1000戸の他に、商業施設や、教育施設などが設立予定だという。

今春から一部だが入居が始まっている。


また、平成30年に完成予定だという。

住宅に、家電製品を無線通信で効率よく制御するシステムや、節水機能を使った住宅に仕上げているため、街全体で30%もの節水を実現するそうだ。



スマートタウンは、藤沢市の他に、横浜市、大阪茨木市のパナソニック工場跡地で構想中。

将来的には、マレーシア、中国など海外への展開も計画しているという。